タイトル

川守町 吉田 林ノ後 大栗山 古釜谷平(2)

風間浦村古釜谷平(2)遺跡


2024年06月03日

 磨製石斧を発見しました。長さが約5cm、磨いてきれいに形が整えられています。 美しい緑色をした石は蛇紋岩とみられ、青森県内では採れない石であることから、縄文時代に蛇紋岩の産地である北陸地方や岩手県の遺跡と何らかの交流のあったことがうかがえます。

石斧出土状況

 磨製石斧の出土状況 

2024年05月14日

 風間浦村蛇浦にある古釜谷平(2)遺跡では5月14日、さわやかな空気のもと、発掘調査が始まりました。約4,000年前の縄文時代後期の土器などがすでに確認されており、今後の調査では当時の建物跡が見つかる可能性があります。

発掘作業風景1

 作業状況