縄文再発見

「地元の縄文」再発見フェア in ちゅうなん(※終了しました)


会 期:2022年11月26日(土)~11月27日(日)
     両日とも9:00~17:00
会 場:スポカルイン黒石
     黒石市ぐみの木3丁目65
     電話 0172-53-8111
主 催:青森県埋蔵文化財調査センター



フェア in ちゅうなんでは、「中南地域」(弘前市・黒石市・平川市・西目屋村・藤崎町・大鰐町・田舎館村)の「縄文」が対象です。ご来場者には中南地域の「あおもり縄文カード」をプレゼント!是非この機会にスポカルイン黒石で中南地域の縄文を満喫してください。

①出土品展示会(11月26,27日[土/日] 9:00~17:00)
 中南地域の各市町村から出土した縄文遺物を調査写真パネル等を用いながら分かりやすく展示します。展示総数は500点以上!いろいろな顔の土偶も大集合します。展示を見ながら「あおもり縄文カード」を「採集」できます。

②体験学習会(11月26,27日[土/日] 9:00~17:00)
 中南地域出土の縄文遺物(本物)に触る、アクセサリーをつくる、縄文クイズに挑戦するなど、子どもから大人まで楽しめます。

◆体験学習の詳細はこちらをご覧ください。

体験学習 詳細【A4判 容量:約0.7MB】

③講演会・シンポジウム(11月27日[日] 13:00~16:30 開場12:00 先着100名様まで)
 鈴木徹さん(黒石市教育委員会)による講演、長尾智寿さん(平川市教育委員会)と青森県埋蔵文化財調査センター所員による地元の縄文遺跡の事例報告、シンポジウムでは「地元の縄文」について地元の皆さんと“楽しく”考えます。

◎基調講演───────────────────
 ★「ちゅうなんの縄文時代」
  鈴木徹(黒石市教育委員会)
◎事例報告───────────────────
 ●「丘の縄文時代-平川・浅瀬石川流域の縄文-」
  長尾智寿(平川市教育委員会)
 ●「山の縄文時代-白神山地と岩木山麓の縄文-」
  永嶋豊(青森県埋蔵文化財調査センター)
 ●「平野の縄文時代-津軽平野の縄文-」
  岡本洋(青森県埋蔵文化財調査センター)
◎シンポジウム─────────────────
 ■「再発見“ちゅうなんの縄文”-南津軽の縄文文化を語る-」
  パネラー
   鈴木徹/長尾智寿/永嶋豊/岡本洋
  コーディネーター
   木村高(青森県埋蔵文化財調査センター)

縄文再発見ちゅうなん表     縄文再発見ちゅうなん裏

◆「地元の縄文」再発見 フェアinちゅうなんリーフレット ダウンロード

リーフレット表【A4判 容量:約0.8MB】
リーフレット裏【A4判 容量:約1.1MB】