本文へスキップ

青森県埋蔵文化財調査センター 

 

設立趣旨

  昭和40年代後半、県内における地域開発の急激な進展に伴い、多くの遺跡が破壊の危機にさらされ、その保護が望まれていました。開発事業の大型化に伴い、発掘調査も広域化・長期化し、発掘調査件数も増加の一途をたどっていました。
  県ではこのような現状を踏まえ、発掘調査を計画的かつ迅速に進め、出土遺物の保存活用を図るなど、開発と文化財保護の両立を図るべく文化財保護行政を進めてきました。
  昭和55年、埋蔵文化財の調査体制をさらに充実させるとともに、出土文化財の適切な収蔵・保存および有効な活用をはかるための中心的施設として、青森県埋蔵文化財調査センターが設立されました。

沿 革

1980年 4月 1日
青森県埋蔵文化財調査センター設置。
          本館完成までの間、教育庁文化課埋蔵文化財整理室を使用。
1980年 7月 1日
青森県埋蔵文化財調査センター開所。
          本館建物完成により、教育庁文化課文化財整理室より移転入居。
1982年12月 6日
東北初の弥生期水田跡の立証と研究の功績により垂柳遺跡調査会(当センター・県教委文化課・ 県立郷土館)が東奥賞を受賞。       
1990年 3月16日
八戸市韮窪遺跡(1982年調査)出土の狩猟文土器1点が県重宝に指定される。       
1994年12月 3日
三内丸山遺跡の発掘・研究と積極公開の功績により当センターが東奥賞を受賞。       
1995年 4月 1日
教育庁文化課内に三内丸山遺跡対策室が設置され、発掘調査を引き継ぐ。       
1995年 6月15日
六ヶ所村大石平遺跡(1984年調査)出土品198点が国の重要文化財に指定される。      
1998年 7月22日
旧情報処理センターを一部改修し、当センターの主要機能を移転。木製品・鉄製品の保存修復のための機器及び軟X線透過装置を導入。遺物の収蔵展示等の設備拡充が図られる。  
2003年 4月14日
六ヶ所村表館(1)遺跡(1987年調査)出土の細隆起線文尖底深鉢形土器1点が県重宝に指定される。
2013年 4月17日
七戸町二ッ森貝塚出土の「鹿角製櫛(ろっかくせいくし)」と青森市近野遺跡出土の「人物線刻石冠(せっかん)」の2点が県重宝に指定される。

組 織

所  長
      
次  長
  
総  務グループ
  
調査第一グループ
  
調査第二グループ
  
調査第三グループ

 

施 設

  • 新館  (総務グループ、整理室1~3、遺物収蔵展示室、図書閲覧室)     
  • 本館  (整理室4、水洗い室、一般収蔵庫、木製品保存処理室、金属製品保存処理室、種子保管庫)      
  • フローテーション室      
  • 遺物乾燥室      
  • 東収蔵庫      
  • 南収蔵庫      
  • 六ヶ所収蔵庫(六ヶ所村)      
  • 七戸収蔵庫(七戸町)
  • 大鰐収蔵庫(大鰐町)  
      

    

contents