【実施報告】

夏休みに考古学者になろう!

-発掘体験・出土品整理体験―

 『夏休みに考古学者になろう!』が平成24725()26()の両日行われました。1日目は西目屋村の大川添(3)・遺跡で『発掘体験』を、2日目は青森市の県埋蔵文化財調査センターで『出土品の整理』を体験しました。

【1日目】-発掘体験-

当日は35名の方が参加しました。所長の挨拶の後、発掘体験が始まりました。 発掘調査の進め方や道具の使い方などの説明を受け、調査現場に向かいました。初めに、発掘担当者の案内で縄文時代の住居跡など、遺跡を見学しました。

  調査現場見学



  調査の成果について担当者から説明を受ける

その後、移植べらや箕(み)などを使って実際に発掘を体験しました。はじめての経験ですが、職員から掘り方を教わりながら作業を進めました。

  道具の使い方の説明

  発掘作業開始

  移植べらを使って土を掘り下げます

  遺物に注意しながら慎重に掘り下げます

  みなさんとても集中して作業しています

  出土した遺物

午後は、レベルや光波トランシットなどの機材を使って測量作業も体験しました。

 

このようにして、1日目の発掘体験は無事終了しました。

【2日目】-出土品整理体験-

出土品整理体験には35名が参加しました。発掘調査で出土した遺物が、どのように整理されて報告書という形になるのかを、埋蔵文化財調査センターの施設や各整理作業を見たり体験して学びました。  

本 館では、遺物の収蔵庫・水洗い室・注記室・保存処理室・X線室を見学し、注記室では実際に注記マシーンを使って注記作業を体験しました。また、屋外で遺物 の水洗い作業も体験しました。遺物の洗い方の説明を受け、土のついた遺物を手に一生懸命ブラシを動かし、土器洗いに夢中になりました。

  本館で保存処理の機械の説明を受ける

  注記を体験

  遺物の水洗い体験


  土器を洗う

  一生懸命洗う

新館では、土器の接合や復元・実測作業などを見学しました。また、テレビ実測機を使って遺物の輪郭を描きました。このあと、収蔵展示室で土器・石器以外にも土偶や首飾りなどの遺物を見学しました。

  整理室の見学

  石器の実測作業を見学

  土器の接合・復元作業を見学

  テレビ実測機を体験

  収蔵展示室の見学

 

午後は土器の接合と 土器の拓本とりを体験しました。みなさんは次々と破片をあわせ、土器を組み上げていました。土器の組み上げは1人では難しく、親子が協力して土器を組みあ げる姿も見られました。土器の拓本とり体験では、土器に紙を上手く巻きつけることができず苦戦していましたが、整理作業員に手伝ってもらいながら、挑戦し ました。墨だけでなく、赤・青・緑などのカラーの拓本もとってみました。

  土器の接合体験

  協力して土器を復元

  土器組み立て中 

  土器の拓本体験

  カラーの拓本もとりました


2 日間にわたる「夏休みに考古学者になろう!」をとおして、むかしの人々の生活への理解が深まりさらなる興味がわくとともに、埋蔵文化財調査センターの仕事 への理解が深まったことと思います。今後も多くの方に参加していただけるような「夏休みに考古学者になろう!」にしていきたいと思います。

 参加したお子さんたちの感想

-発掘体験―

○最初は、できるか心配だったけど、やってみたら意外にできました。でも、むずかしかったです。いつ土器や石器がでてくるか楽しみで、実さいにでてきたらとてもうれしかったです。前も歴史がすきだったけど、この体験のおかげでもっと歴史がすきになりました。 (4)

○最初は、ぜんぜんでてこなかったけど、あとに、なると、たくさんでてきて、こくよ うせき、がでてきました。うれしかったです。昔の人が使ったものをほって、さわれたことが、なかなかできないことで、めずらしいことです。もっと、もっ と、ほって、昔の人々のくらしを、どんなくらしをしていたのかしらべたいです。 (4)

○すごく石器がでてきたのでみんなでかりなどをして仲間といっしょに仲よくくらしていたと思いました。あと昔の人は手さきがきようでやじりや土器などこまかい物もかんたんに作れてかりなどでもよく頭もよいと思いました。 (4)

○初めて発掘体験をしてみて、実際見るのとするのとはちがって、実際やる方はとても 大変でした。今日はたくさんのやじりがでてきました。土器などはでなかったけれど、ほかのものがたくさんでてきて嬉しかったし、実際にでてきて「やじりだ よ。」といわれた時の喜びを感じれてよかったです。特に、大きいのがでてきたのは、すごい!と思いました。   (6)

-整理体験-

○今日の体験などでは、考古学者の仕事などがよく分かってよかったです。注記も、ものすごく速く印刷できてすごいなと思いました。テレビ実測機もおもしろかったです。土器の接合も簡単なものなのかなぁと思っていたけれど、なかなか合わなくて大変でした。 今日やった体験などは、とても楽しかったです。この施設に置いてある土器などもすごい物ばかりでおもしろかったです。 (6)

○今日は、土器を洗う、復元するなどの今までにない体験ができました。洗うときに は、どんどんでてくる土器の文様に興味をもちました。復元は一人ではできなかったけど、手伝ってくれる人がいたので大変助かりました。2日間を通して、興 味、経験が増えました。そして、将来への道が1つふえました。(6)

○水洗いを、やるとどんどんもようなどがでてきて、とても楽しかった。図書室を見 て、三内丸山いせきの本が多いなと思いました。あと、いろいろなつぼやきちょうな物が見れてよかったです。午後は、いろいろな物をくみあわせるものをやっ て、とってもいっぱいつなげれてよかったし、最後まで、つなげてしんけんにやれたので、おもしろくてもっとやっていたいと思いました。あと、インクをつけ てやろうというものは、黒以外にも青などができたのでよかったです。それに最初はできなかったのに、最後は1人で最後までできるまでやれたので良かったで す。1日目も2日目もおもしろかったので良かったです。またやろうかなぁーと思いました。 (6)

○今日は、昨日とちがって発掘した出土品を、洗ったり接合したりできでたのしかったです。とくに接合は、どこと、どこがつくのかわからなくてたいへんでした。これをセンターの人たちは、もっとたくさんの出土品を接合してると思うと、びっくりしました。(2)