実施報告

平成27年度 青森県埋蔵文化財発掘調査報告会

 平成27年12月12日(土)、青森県埋蔵文化財発掘調査報告会を青森市荒川にある青森県総合社会教育センターで開催しました。
 当日は青森県内を中心に、160余名の考古学関係者・愛好家の参加があり、盛況のうちに終了しました。



◆スライド報告
 今年度に青森県内各地で行われた発掘調査の中で、特に注目された遺跡12遺跡の調査成果について、各遺跡の発掘担当者から、写真や図などを用いて報告を行いました。また、質疑・応答も活発に行われました。

 主催者あいさつ

 報告風景

◆遺物・パネル展示
 スライド報告を行った12遺跡と展示のみの3遺跡、あわせて15遺跡の遺物や住居跡などの遺構の写真パネルなどの展示を行いました。展示会場は、多くの考古学愛好家などでにぎわい、各遺跡の出土品を熱心に見学していました。特に、会場中央に置かれた西目屋村川原平(1)遺跡の土偶が注目を浴びていました。

 展示風景1

 展示風景2

 見学風景1

 見学風景2


当日配布の小冊子です。(PDFファイルがありますので、ご活用ください。)【A4判 24ページ ファイル容量:約2.4MB