東通村釜ノ平(2)遺跡現地見学会開催のお知らせ

 青森県埋蔵文化財調査センターでは、7月11日から10月26日までの予定で、野牛地区漁港関連道路整備事業に伴う釜ノ平(2)遺跡の発掘調査を行っています。

 このたび、発掘調査によって得られた成果を県民の皆様に公開するため、下記のとおり現地見学会を開催いたします。みなさんのお越しをお待ちしております。

  <日時> 平成29年10月20日(金)
           9:00~16:00 (受付9:30~)
  <場所> 東通村 釜ノ平(2)遺跡発掘調査現場
          (東通村大字野牛字釜ノ平地内)
  <内容> 発掘調査現地案内  ※雨天の場合、現地案内が中止となることがあります。
         発掘調査写真パネル及び出土遺物の展示
  <調査の概要>
 今年度の発掘調査では、縄文時代早期から後期にかけての遺構や遺物が見つかっています。出土遺物は土器や石器の他、遺構内から二枚貝がまとまって出土し、廃棄された状況を確認できました。また、古代以降は厚い砂に覆われており、大きな環境変化があったことを確認しました。


 なおより詳しいことは、青森県埋蔵文化財調査センター(電話:017-788-5701)へお問い合わせください。

 
 PDFデータはこちらからどうぞ


アクセスカウンター